== スポンサー広告 ==

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
┗ --:--:-- ━ Page top ━…‥・

==  ==

ロスト・シンボル

少し前の本ですが、ダン・ブラウン著「ロスト・シンボル」を読みました。
映画もヒットしたシリーズの第3弾ですね。

やっぱり翻訳ものに付き物の読みづらさを感じるのですが、先入観かなぁ?
英語の教科書の和訳っぽい雰囲気と言うか。
「行間を読む」というような日本的感覚はそぐわないのかもしれませんね。

バチカンを舞台にした第1作「天使と悪魔」や、
ダ・ヴィンチの作品にまつわる謎を追う第2作「ダ・ヴィンチ・コード」に比べると、
フリーメイソンを題材にした「ロスト・シンボル」は、生々しい感じがします。
個人的な感想ですが。

仕掛けがたくさんありすぎる「ダ・ヴィンチ・コード」よりは、
「ロスト・シンボル」の方が読みやすいと思うのですが、
題材がちょっとシュミじゃなかったな。。。
もう少しフリーメイソンについての知識があれば、もっと印象が違ったかもしれません。

3部作を読んでみての結論は、
「やっぱりシリーズものは、1作目が一番面白い」です。
関連記事
┗ Comment:0 ━ 00:46:54 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。