== スポンサー広告 ==

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
┗ --:--:-- ━ Page top ━…‥・

== 音楽 ==

音楽の楽しさを教えてもらう。

ピアノ教室を開いている友人が、生徒さんにバイオリンを聴かせたいとミニコンサートを企画したということで、
お手伝いで演奏してきました。

3歳の幼稚園児・小学生・私と同年代くらいのママさんから、親世代くらいと思われる年配の方まで。
幅広い年齢層の生徒さん達に加えて、ご家族のみなさんまで聴きにきてくださって、
ミニコンサートながら大盛況となりました。

演奏中も曲に合わせて手拍子したり歌ったりして、
子どもたちも音楽を身近に感じて自由に楽しんでくれたようです。

3歳の子が最後までおとなしく聴いててくれるかな、と少し心配だったのですが、
そんな心配は無用でした。
こちらが思っている以上に集中して音楽を聴いて、
演奏している姿を観察して弾き真似をしたりして。

そして子どもたちと同じくらい、大人のみなさんも楽しんでくださったようで、
バイオリンの音をこんなに近くで聴けて良かった、感動しましたと言ってくださいました。

こんなふうにお話ししたり、子どもたちの様子を見ていると、
音楽の楽しさを生徒さんから教えてもらっている気がします。

自分が難しい曲を弾くときも、こういう音楽を楽しむ気持ちを忘れずに演奏できれば、
正確に弾ける以上に良い演奏になるのだろうな、と改めて考えた一日となりました。
スポンサーサイト
┗ Comment:0 ━ 23:34:30 ━ Page top ━…‥・

== 日常 ==

想像力の限界を超えて。

アリス シュヴァンクマイエル
ミュージアムグッズよりヤン・シュヴァンクマイエル(チェコ)のポストカード
左:不思議の国のアリス 右:鏡の国のアリス


東郷青児美術館 「<遊ぶ>シュルレアリスム展」を見てきました。
シュルレアリスムとは、第1次世界大戦後のフランスで始まった20世紀最大と言われる芸術運動で、
日本語では「超現実主義」などと訳されます。
夢や無意識の世界を表現したり、不条理で奇妙な世界を形成することで、
現実世界の新しい見方を模索する芸術表現です。

シュルレアリスムと一括りに言っても、芸術家によって随分と方向性が違うようで、
印象派のようなタッチの絵画だったり、奇妙ばかりではなくて清廉な雰囲気が漂っていたり。

絵画・写真・ブロンズ像、そしてあらゆる物体であるオブジェ。
アイロンに釘がついていたり、メトロノームに瞳がついていたりという、
意外な組み合わせが存在することによりシュルレアリスムになる。
さらに作品内容とそれに付けられたタイトルとの言葉遊びが加わって、
何重にもトラップが仕掛けられている謎かけのようです。

描かれている世界はどれもこれもなんだかヘンテコなのだけれど、
芸術でありながらも大いなる遊び心なのだなぁと納得してしまいました。

すべての事象を取り込むシュルレアリスムに囲まれて、
美術館を出るころにはちょっと頭が混乱してました。

この不条理感は、文章ではとても表現しきれないです。
ご興味ある方はぜひ、美術館に足をお運びください。
┗ Comment:0 ━ 01:01:35 ━ Page top ━…‥・

== 音楽 ==

海辺の街の歌声。

130701_165011_ed_ed.jpg

神奈川県の逗子市に行ってきました。
久しぶりの海を見て、ちょっと小旅行気分。

今日は、昭和30年頃に流行した「歌声喫茶」のスタイルを模した地域イベントに出演しました。
参加しに来てくださった市民のみなさんは、年配の方がほとんど。
実際に歌声喫茶に通っていたような年代でしょうか。
広めの多目的ホールが満席になるくらいの、たくさんの方が歌いに来てくださいました。

歌唱指導を担当されているアコーディオン奏者の安西創さんと共に、
昭和20年代・30年代の歌謡曲や唱歌の伴奏をしたり、
アコーディオン&バイオリンのミニコンサートもしたり。
お喋りも少し交えながらのリラックスした雰囲気で、あっという間の2時間でした。

参加者には歌集が配られて、みなさんは歌詞を見ながら歌うのですが、
どの曲でもみなさん大きな声で歌っていました。
当時の流行歌というのは、ラジオが情報源でしょうか?
娯楽の種類が少なかった背景もあるかもしれませんが、
当時の歌が持つ影響力というのは大きかったのでしょうね。

現代は、趣味嗜好や価値観が多様化しすぎていると思うので、
40年後50年後にみんな揃って歌える歌というのは少ないかもしれませんね。

昭和の時代の流行歌・歌謡曲を聴いていて、いいなぁと思うのは、
メロディにストーリーがあるところです。
冒頭からサビまでの流れが、必然で美しい。

最近のJ-POPなどは、展開の仕方が突然だなぁと思うことが多いです。
それが新鮮味と聴き手の注意を引く仕掛けなのですね。

数十年でまったく違う文化のようになってしまう流行の変化ですが、
現在進行形のものだけでなく、古き良きものも残っていくといいですね。

あたたかい雰囲気の中「歌声喫茶」を終えて帰るころには、
どんより曇っていた空も明るくなって、海の波がキラキラしていてとても綺麗でした。
┗ Comment:0 ━ 00:21:59 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。