== スポンサー広告 ==

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
┗ --:--:-- ━ Page top ━…‥・

== 音楽 ==

ご来場ありがとうございました!

Milník Koncert 2.kroky 無事に終わりました。
ご来場くださった皆様、ありがとうございました!

昨年の春に第1回をこっそり開催したコンサート。
「楽しかったよ!」と言ってくださるお客さんの声を励みに第2回を計画し、
なんとか開催にこぎつけることができました。

構成は第1回と同じ。
前半はピアノとのデュオでクラシックの曲を、
後半はアコーディオンやギターとのデュオでアイリッシュを、
最後はバイオリン&アコーディオン&ピアノのトリオでバッハを弾きました。

やりたいことを全部詰め込んだプログラム。
我ながらまとまりのない構成なので、お客さんの反応が気になるところですが、
今回も楽しんでいただけたようでホッとしました。

クラシックをあまり聴かないアイリッシュファンと、
アイリッシュをあまり聴かないクラシックファンの方たちが、
お互いの音楽を新しく知って楽しんでもらえたらいいなと思って演奏しました。

この少し無茶な企画に乗ってくれた共演者のみなさん、練習場所を無償で提供してくださった方、
当日のお手伝いをしてくださった方々、そして会場となった名曲喫茶「カデンツァ」様。
本当にたくさんの方々のご協力を得てコンサートを実現できました。

また来年も、たくさんのお客様をお迎えして第3回が開催できるように、
これからもがんばっていきたいと思います。

お世話になったすべての皆様に。
ありがとうございました!
スポンサーサイト
┗ Comment:0 ━ 00:41:09 ━ Page top ━…‥・

== 音楽 ==

ピアノとのお別れ。

とある事情により、3歳から弾いていたアップライトピアノを処分することになり、
今日、業者さんに引き取りに来てもらいました。

厳しいレッスンをしてくださるピアノの先生との出会いがあって、
小学校高学年から高校1年生の終わりくらいまではピアノ漬け。
毎年受けていたコンクールや年に何回もある発表会のために、
あの頃は本当にたくさんの時間をピアノに捧げました。

今でこそバイオリン弾きとして生きていますが、
音楽への想いの源は、ピアノへの取り組みの中にあったように思います。

多感な年頃の時期を共に過ごし、子供ながら真剣に音楽に向き合って奏でたピアノは、
私にとって大切な戦友です。
やむを得ない状況による処分であり、諦めの気持ちはだいぶ前から持っていたとはいえ、
家から運ばれていくピアノを見て、涙が出そうになりました。

私が生まれる前から我が家にあったピアノ。
音楽家として育ててくれてありがとう。
私の知らないどこかで、幸せな余生を過ごしてくれますように。



┗ Comment:0 ━ 19:52:50 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。